古民家ライフ

高瀬の家

古民家と座敷蔵のリノベーション

築、およそ120年の古民家と座敷蔵のリノベーションです。古いところはそのままに、ご家族の新たな住まい方も丁寧にお聞きしながらの仕事となりました。何度か改修がされており、直前は、広い家の中で和室8帖に集まって生活している状態でした。

玄関土間を復元して、近所の人が気軽に来ておしゃべりできる場所にし、北側のあった台所を、思い切って家の真ん中に移動し、対面式にしました。作業途中に、昔の時代の家の図面が出て来たのですが、それを見ると、今回つくった土間と台所が、創建当時とほぼ同じ場所にあり、図らずも昔の間取りを再現したことになり、驚きました。

母屋と続きの座敷蔵も、一階の居間と二階の寝室を吹き抜けでつなぎ、センスのよい空間として生まれ変わりました。建て主さんからは、「生活ががらりと変わった」との言葉をいただいています。

takase_01
改修前の写真

takase_02
生まれ変わった玄関土間。冬は、格子戸を閉めて風除室の役割を果たします。

takase_03
ちょっと腰をかけて、おしゃべりも。

takase_04
対面式のキッチンです。カウンターもついています。

takase_05
これが改修中に出て来た古い図面。かまどが、現在のキッチンと同じ場所にありました。

takase_06
改装した座敷蔵の一階。窓を広げて明るくしました。

takase_07
二階へは階段箪笥であがります。これも痛んでいたのを改修しました。

takase_08
一階と二階を思い切って吹き抜けに。閉塞感のあった座敷蔵が、全く新しい空間に生まれ変わりました。


施工会社

建物データ

設計:金内勝彦建築設計工房・古民家ライフ
施工:古民家ライフ

所在地:山形市下東山
竣工年月:2015年8月
規模:木造2階建て(母屋)+木造2階建て(座敷蔵)
改修面積:約50坪
竣工時の家族構成:★

断熱材
屋根・壁・床:パーフェクトバリアー

主な外部仕上げ
外壁:ウッドロングエコ、松板壁

主な内装仕上げ
1階床:国産無垢杉
壁:漆喰

素材解説ページ


この会員会社による、施工例


  • 土生田の蔵

    40年ほど使われていなかった座敷蔵の再生


  • 見晴らしの丘の家

    畳のリビングから蔵王が一望できる家


  • 高瀬の家

    古民家と座敷蔵のリノベーション


  • 山麓の家

    風景と一体になる家


  • 嶋の家

    住人のコダワリと地場の手仕事が活きる家


  • 月山の家

    山形県月山の蔵を鎌倉に移築再生


この施工会社へのお問い合わせ

新築やリフォーム、メンテナンスなど、住まいに関するご相談をお待ちしています。

古民家ライフ
Tel:023-625-8135