エコロジーライフ花

磨き壁のある家

伝統の技、人の心をつなぐ家づくり。

竹小舞下地と土壁塗り、土佐漆喰の外壁、磨き壁の内壁に、洗出しの玄関など、手の込んだ昔ながらの仕事をふんだんに盛り込んだ伝統工法の家です。地形を活かし、庭との関係も考えた間取りで、四季を感じながら心地よく暮らせるよう配慮しました。
工事過程では、職人の間で継承されてきた伝統の技に触れてもらうこと、実際に手を動かしてモノづくりの心を学んでもらうことを目的に、一般の方を対象にしたワークショップや見学会などを開催。ワークショップでは職人と一般参加者が肩を並べて作業をし、身近で技を見たり、実際に手ほどきを受けたりしながら、竹小舞編み、土壁塗りなどを楽しんでいました。ワークショップの方も含めて、様々な人の手が加わって完成。丁寧な家づくりを通して、培われてきた伝統と人の心を次に伝える、「磨き壁のある家」です。

piece_ecohana_migaki_12
外壁は二階部分が土佐漆喰、一階部分は自然塗料で色づけした杉板の仕上げ。庭の緑が育つにつれて、環境に溶けこんでいく優しい質感です。

piece_ecohana_migaki_2
エントランスには大きな屋根をかけて、空間に余裕を持たせました。雨の日、この場所から見る路地の景色は、みずみずしく豊かです。

piece_ecohana_migaki_3
和室。リビングとの境にある障子を開け閉めすることで、シーンに合わせた使い分けが可能です。壁は黄みがかった“淡路土”を使用した左官仕事。

piece_ecohana_migaki_4
家の中心には楡(ニレ)の大黒柱。月日がたつほど、味わい深い色になります。

piece_ecohana_migaki_5
赤松の梁に、腕のある左官職人でないと美しく仕上げるのが難しい特殊な土壁「大津磨き壁」が見事な、二階の一室。自然素材の持つ力強さと、職人の技が堪能できます。

piece_ecohana_migaki_6
青森ヒバの芳香が心地よいお風呂場。一日の疲れは、ここでリセットします。


施工会社

banner_ecohana

建物データ

所在地:東京都内
竣工年月:2009年4月
規模:木造2階建て
敷地面積:150.02㎡
述床面積:147.78㎡(1階66.10㎡、2階65.16㎡、ロフト16.52㎡)
竣工時の家族構成:ご家族3人

構造材
土台:国産無垢桧(岐阜県)
柱:国産無垢杉(宮城県)
梁:国産無垢杉、赤松(宮城県)
通柱:国産無垢桧8寸(岐阜県)
大黒柱:国産無垢楡(福島県)

断熱材
屋根:羊毛断熱材ウールブレス厚100㎜
壁:竹小舞土壁+羊毛断熱材ウールブレス厚60㎜
床:羊毛断熱材ウールブレス厚60㎜

主な外部仕上げ
屋根:三州いぶし銀瓦
外壁:土佐漆喰塗り国産無垢杉目板張り
雨樋:ガルバリウム鋼板(スタンダード半丸)

主な内装仕上げ
1階床:国産無垢栗(福島県)
2階床:国産無垢栗(福島県)
R階床:国産無垢杉(宮城県)
壁:漆喰塗り土壁大津磨き壁
建具:国産無垢杉(岐阜県、宮城県)
階段:国産無垢栗(宮城県)

素材解説ページ


この会員会社による、施工例

  • tham_ecohana_1

    磨き壁のある家

    伝統の技、人の心をつなぐ家づくり。

  • tham_ecohana_2

    子どもと一緒に育つ家

    子どもたちと共に、日々の成長を楽しむための家。


この施工会社へのお問い合わせ

新築やリフォーム、メンテナンスなど、住まいに関するご相談をお待ちしています。

エコロジーライフ花
Tel:03-5824-7571