古民家ライフ

ほりさんの家

おおらかに造った
おおらかな木の家

小姓町の家の構造見学会にいらして下さったのがきっかけで、ほかの工務店や住宅展示場には一切行くことなく、古民家ライフに決めて下さいました。建て主さんの予算内で、出来る限りシンプルな木の家、という大方針で合意し、それをどう実現するかという具体的な手法についてはお任せていただけたので、ある材料で造るなどの工夫ができ、いい家になりました。

外壁はウッドロングエコ塗装。壁の板はすべて、お施主様が古民家ライフの工場に通って、塗装されました。冬の雪をどうやって排雪するかは、山形で暮らす上でとても大切な要素です。この家では、屋根の雪がそばにある側溝に落ちるような屋根勾配と向きにしました。

家の中はほとんど間仕切りがありません。この写真には写っていませんが、階段脇に置いた薪ストーブ一台で、家じゅうがあたたまります。ストーブの設置場所まで土間になっているので、薪を運び込んだり置いたりするのに便利です。

1月にお訪ねしたのですが、冬でもTシャツ一枚と素足で過ごされていました。子供たちは家が暑いからと、寒波の中、半そで半ズボンで外で遊んでいました。

ご主人が消防隊員で勤務が不規則なため、夜中に帰ってきた時など、寝ているご家族に気づかれず休めるよう、玄関のすぐ脇に和室を造りました。赤ちゃん連れで来るお友達の授乳室になったり、お友達やご親戚がいらした時の宿泊場所にもなっているそうです。

正面がカウンターキッチンになっています。

二階にあがるシンプルな階段は、素通しとすることによって空気の流れと明るさを確保しています。土間のつきあたりに見える引戸は、外からの冷気を防ぐために玄関の内側にもうけたもの。これで玄関と室内土間との間に、山形には必須の風除室ができました。

間仕切りのほとんどない、広い空間を成り立たせるために構造計算すると、かなり太い梁が必要となりましたが、おおらかないい味を出しています。夜はこの梁の下にふとんを敷いて、ご家族全員で雑魚寝しています。右手奥にロフトにあがる梯子があります。ロフトはお父さんがひとりで籠もれる場所になっているようです。

その太い梁にはぶらんこがかかっていて、子供たちの大のお気に入りの遊び場になっています。

部屋に分かれておらず、一階と二階とも二つの吹き抜けでつながっているのがこの家の特徴です。空気の流れがよく、家全体が薪ストーブであたたまるのも、そのおかげです。

まだ工事中だった頃の写真をご覧ください。建て方初日を大雪の予報により延期したのですが、延期した当日が本当によく晴れてくれました。青空とクレーンって本当によく似合います。

棟が上がり、屋根がかかったところ。構造体がとても美しくみえています。

施工会社

建物データ

設計:大類真光建築設計事務所
施工:古民家ライフ株式会社

所在地:山形市
省エネ法の気候区分;6地域
竣工年月:2018年4月
規模:木造2階建て
敷地面積:312.0㎡
延床面積:108.69㎡(1階63.15㎡、2階45.54㎡)
竣工時の家族構成:4人

構造材
土台:国産無垢材 ヒノキ(宮城県 燻煙材)
柱:国産無垢杉(宮城県 燻煙材)
梁:国産無垢杉(宮城県 燻煙材)
大黒柱:国産無垢杉(宮城県 燻煙材)

断熱材
屋根・壁・床:セルロースファイバー

主な外部仕上げ
屋根:ガルバリウム鋼板
外壁:板壁(ウッドロングエコ 施主塗装)

主な内装仕上げ
1階床:国産無垢杉(宮城県 燻煙材)
2階床:国産杉 Jパネル
壁:左官 ゼオライトエコナ 板張り(宮城県 燻煙材)

素材解説ページ


この会員会社による、施工例


  • ほりさんの家

    おおらかに造った
    おおらかな木の家


  • 見晴らしの丘の家

    畳のリビングから蔵王が一望できる家


  • 高瀬の家

    古民家と座敷蔵のリノベーション


  • 嶋の家

    住人のコダワリと地場の手仕事が活きる家


  • 山麓の家

    風景と一体になる家


  • 土生田の蔵

    40年ほど使われていなかった座敷蔵の再生


  • 月山の家

    山形県月山の蔵を鎌倉に移築再生


  • 小姓町の家

    木の家は
    街中のオアシス


この施工会社へのお問い合わせ

新築やリフォーム、メンテナンスなど、住まいに関するご相談をお待ちしています。

古民家ライフ
Tel:023-625-8135